2015年10月 一覧

色々なトレードマークがあるキャラが多く出る格好良いゲーム

個性的なアクションを見れるBLEACH -Brave Souls-には、素敵なキャラクターがたくさん出てきます。みんな鋭く、個性的な表情を見せてくれます。

面白いBLEACH -Brave Souls-には、浮竹十四郎の白くて長い髪が素敵で、鼻が高くて凛々しい顔が素敵です。冬獅郎は燃えるように立つ白くて逆立つ髪がたが素敵です。白い着物を着ているのがトレードマークで、背中に身に付ける刀が素敵です。

剣八はワイルドでプロレスラーのように骨格が良いところがトレードマークで、肌が黒く、目が細くて鋭いのが男らしいのです。鼻と目が異様に白く、名前がマユリというキャラクターはとてもユニークです。

真っ黒な顔の要はサングラスがトレードマークです。赤いマフラーがおしゃれで、どこか南国な香りのするところが素敵です。

春水は少し年配な男性です。横顔が素敵です。渋さの中にも光るものがあります。白哉は、真っ白な首元の巻物が素敵です。それだけではなく、ロングヘアーがトレードマークです。肌はとても白くて美しいのに、凛々しい顔が素敵です。男らしさの中にも優しさがあります。

染惣右介は黒ぶちのメガネが知的さを醸し出します。顔の表情がとても美しく、学者的な雰囲気があるところが素敵です。

影ながら男性を支えることができる卯花ノ烈はショートヘアーが魅力的です。市丸ギンは銀ぎつねのように白い髪と肌が印象的です。狐のように目が細く、鋭い顔をしているのが魅力的です。ちょっとずる賢い顔をするのがトレードマークです。

砕蜂はおかっぱ頭が可愛いのに、どこか冷めた雰囲気があるのが特徴的です。口は小さく、目がキリリとしているところが魅力的です。どことなく秘めた感じがするのがトレードマークです。

白い髭を持っているおじいさんは重國と言います。頭は禿げかえっているけど、どこか厳格と威厳のあるところが素敵です。

そんなアニメのキャラが揃うこのアニメをそのままに、面白いゲームにしているのがBLEACH -Brave Souls-の良いところです。


やっぱりこのゲームも原作通り愛染が別格でしょう

BLEACH -Brave Souls-ですが、愛染の高レアリティカードが異次元の存在感を見せつけていますね。さすが原作でソウルソサエティ編の大ボスだけあって、その実力の次元そのものが違います。斑目一角に似たテンシンハンが「次元が違いすぎる…!」とよく愚痴っていましたが、まさにそんな状態であるといえるのではないでしょうか。愛染は名言「あまり強い言葉をいうと弱く見えちゃうよ」というセリフが不自然じゃないほどの圧倒的な強さを誇ります。それはBLEACH -Brave Souls-でも同じようです。

さすがに対抗できるカードは少なくて、せいぜいBLEACHの主人公である黒崎一護、そのオヤジである黒崎一心、護廷十三隊の隊長格の中でも存在感あるイケメンキャラクターである朽木白哉あたりでしょうか。十刃のウルキオラ・シファーは存在感が抜きん出ているものの、さすがにソウルソサエティ編における大ボスの前の中ボスといったところで、愛染相手には役者が不足しているといえるのかもしれませんね。もうひとり対抗できるとしたら、浦原喜助あたりかもしれません。

浦原喜助を考えるともしかしたら、黒崎一護の親父である黒崎一心はやや実力が落ちてしまう印象があるため、BLEACH -Brave Souls-でも原作でも愛染には負けてしまうと予測できますね。そうなると親父さんは残念ながら、最強候補の斑目一角からは落ちてしまう状態です。今最強候補の一角というのを斑目一角に置き換えてみたんですが、どうですか?なかなかジョークのスパイスが効いているでしょう。

まあ、BLEACH -Brave Souls-自体は最強キャラクターを追い求めないでも毎週のイベントをそれなりに楽しめるスマートフォンのゲームアプリとしておすすめできますよ。もちろん、最上級難易度には歯が立ちませんが、それなりに暇潰すくらいなら十分です。最上級難易度のイベントクエストにはやっぱり愛染や朽木白哉のような高レアリティカードが必要になってくるでしょうね。


BLEACH -Brave Souls-が優れている理由

週刊少年ジャンプで長期連載している作品は、例外なく固定ファンを獲得しています。理由は週刊少年ジャンプに存在する読者アンケートで勝つためには、固定ファンによる維持票が重要だからです。固定ファンが存在しないと変動し易い票だけになり、作品人気は極めて不安定になります。週刊少年ジャンプは読者アンケートの評価を最重要だと考えているため、展開のせいで人気が落ちていても打ち切ってしまうのです。つまり浮動票だけを抱えている状態では長期連載をする事が出来ません。よって長期連載している週刊少年ジャンプの作品は、スマートフォンのゲーム開発が行われ易いと言われています。固定ファンをゲームのファンにする事が出来れば、大きな収益源となる可能性があるからです。人気漫画のブリーチが原作のBLEACH -Brave Souls-が開発されたのも、前述した事情が関わったからです。しかしBLEACH -Brave Souls-は漫画の人気に支えられているだけの作品ではありません。定期的に行われるアップデート内容は充実しており、ゲームをプレイしたファンからも高い評価を受けています。そして何より不具合が少ない事で知られているのです。スマートフォンを使ったゲームはサーバーに不具合が発生すると遊べなくなります。中には粗悪なサーバーを使用しているせいで、頻繁に回線の切断が発生するゲームもあるのです。ゲームを遊ぶ際にストレスを抱える事になれば、プレイヤーは満足する事が出来ません。しかしゲームコンテンツを提供するためのサーバーは高額なので、安い値段で購入やレンタルを行おうとするのは当然です。BLEACH -Brave Souls-の不具合が少ないのは、運営する側がユーザーに与える負担を軽減しようと努力しているからだと言えます。そして運営側の姿勢の恩恵を最も受けているのはユーザーです。そのおかげでBLEACH -Brave Souls-はゲーム内容が評価されるだけでなく、運営に携わっている人々も人気を獲得しています。スマートフォンのゲーム運営において理想的な存在です。


1 2 3 4