スマホゲーム関連記事 一覧

実況パワフルプロ野球のスマホゲームにハマる

スーファミ時代から実況パワフルプロ野球を行っていましたが、10年前位から据え置き型のゲームをやる事が無くなってしまい、時々スマホゲームを行う程度になっていました。

実況パワフルプロ野球がスマホゲームで出るという事を知って、懐かしさから早速ダウンロードしてみましたが、ゲームとして面白いかどうかで言うと、据え置き型ゲームの方が面白いのですが、スマホ特有の気軽の出来る事や、やればやるほど成長させていけるという点で、毎日ログインして楽しむようになっています。

暇な時間帯や仕事への生き帰りや待ち時間には欠かさず実況パワフルプロ野球を立ち上げてしまい、学生時代の気分に戻ってプレーしてしまいます。

グラフィックが意外と綺麗でプレイステーション時代よりもハイクオリティーな映像になっていますし、サクセスモードとスタジアムモードに分かれており、サクセスでは高校時代を過ごして高校でナンバーワンになる事を目指し、練習や試合だけではなく、遊びや恋愛なども楽しむ事が出来ます。

サクセスモードで育てた選手をスタジアムモードで全国のプレイヤーと対戦出来るようになっており、据え置き型ゲーム時代とは違う面での面白さが備わっているものです。

追加イベントやコラボイベント等もありますから飽きないように工夫されていますし、過去に実況パワフルプロ野球にハマった人でも、据え置きゲーム時代とは違う魅力で楽しめる可能性があり、これがパワプロデビューという方でも楽しめる工夫がされています。

ダウンロード数も1400万を超えてさらにユーザー数を伸ばしていますし、今後も様々な追加イベントやコラボで盛り上がる仕掛けはあると感じますから、パワプロ好きでもそうでない方も一度ダウンロードして試してみても良いでしょうし、小さい画面でも意外とクオリティーが高く仕上がっているものです。

1人でプレーするのも良いですが、他のプレイヤーと一緒にプレーする事で楽しさの幅も広がります。


デート中のスマホゲームはちょっといかがなものだろうか

私もスマホでソーシャルゲームを楽しんでいます。
無料でダウンロードできますし、その割にはかなりの完成度がありますので楽しんでやっています。
また一回のプレーが数分間ほどでおわるゲームはちょっとした休憩時間に遊ぶのにもちょうどよいので、生活リズムに自然に溶け込んでいる感じがします。
しかしスマホゲームは時と場所を選んで楽しまないといけないなーと思う事もあります。
電車の中や待ち時間などスマホでソーシャルゲームを楽しむのはよい時間つぶしになりますしまったく問題がないと思います。
音もオフにしていれば、本を読んでいる人の迷惑にもなりませんし、問題ないと思います。
しかしスマホのゲームをしていることでその場の雰囲気を壊してしまう事があります。
例えばレストランでの出来事です。
そのレストランは高級レストランで、記念日などでないといけないほどのレストランだったりします。
年に一度いければよいようなレストランでは料理やレストランの内装などに集中して、目の前の人との会話を楽しむ幸せな時間のはずです。
しかしそういう場所で、ご飯を食べながらスマホのゲームをしている人が隣のテーブルにいたりすると、一気にテンションが下がってしまいます。
ファストフード店の感覚で遊んでいるのでしょうが、周囲の人に対しては冷や水を浴びせるような行為だと私は思ってしまいます。
10000円のコースが3000円くらいに感じてしまうので、絶対やめてほしいと思います。
そしていちばんよくないなと思うのがデート中のスマホゲームです。
デート中とはいえ移動時間の一部で少しやるくらいなら良いですし、若いカップルが両方ゲームが好き同志なら問題ないと思います。
しかし例えば男性が一生懸命アルバイトや仕事をして貯めたお金で食事をご馳走している時に、食事が運ばれるまで男性と会話をせずにスマホのゲームをしていたりすると、男性の気持ちを考えて悲しくなってしまいます。
せめてデート中はスマホゲームの存在を忘れて欲しいと思います。


スマートフォンとパソコンの差別化について

初めてスマートフォンを触った時は、何て使いにくい道具なんだと驚いたものだ。しかし今ではその認識も初心者の過ちだったことに気づく。スマートフォンという道具は本当に使えば使うほど、実にしっくりと馴染んでくる面白い道具なことがわかってくる。最初にとっつきにくかった理由はいくつかあるが、まず一つは私がパソコンを普段から扱っていることに起因する。パソコンの場合は、ドラッグ&ドロップなどの機能を使うにあたって、キーボードやマウスの二重の操作でサクサク作業ができる。ところがスマートフォンの場合は、フリックやタップというまだ扱い慣れない動作、特に押しっぱなしにして貼り付けや切抜きを選択するといった行動を取らなければならない。最初はこういった不慣れなことに四苦八苦していた私だが、少しずつ慣れていくと最初の認識は過ちで、実はこういった片手だけ使って行う作業は楽なのではないかと思い始めた。そう、片手で使うスマートフォンの作業は実に楽なものなのだ。スマートフォンの利点はここにある。パソコンの場合は片手で操作するには不十分である。インターネットサーフィン程度であれば、マウスだけ使ってだらりと遊べるかもしれない。しかし、メール文を打ったり、ファイルの整理をしたり、例えばゲームをするにしてもパソコンの場合は両手での操作を余儀なくされてしまう。スマートフォンの場合は違う、基本の設計が片手で操作できるようにできているので、インターネットサーフィンはもちろんのこと、ファイルの操作や、ゲームにいたっても片手だけで事足りてしまう。そして何より、パソコンの場合は寝ながら作業や、外での作業なんて実に難しい。これは当然で、デスクトップならば家に設置してあるので、外に持っていくのは無理だし、寝ながらなど姿勢が辛い。ノートパソコンでさえ重い始末だ。そこでスマートフォンの登場である。スマートフォンは、軽いし片手で操作できるので寝ながら弄ることができる。外出時でも好きなだけ触ることができる。まさに適材適所の道具と言えるけれど、スマートフォーンの真価はこういったところで発揮されるとしみじみ思うことがある。


1 2 3 4 5 6