どこを見てもパズドラパズドラ…パズドラの無い世界に行きたい

最近テレビを見ていても雑誌を読んでいても街を歩いていても、なにをしていてもパズドラというワードが目につきます。このパズドラと呼ばれているもの、パズルアンドドラゴンズというゲームの略称なのですが、流行り過ぎている結果、私の中でゲシュタルト崩壊をおこしつつあるのです。
どこを見てもこのワード、ロゴが目に入るものですから、どれがパズドラで本当のパズドラなのか分からなくなってきてるといってよいでしょう。このままでは気が狂ってしまいそうなのです。
恐らく今までコレ以上に流行り、プレイヤーを夢中にしたゲームはかつて無かったのではないでしょうか?パズドラは今や完全に社会現象へとなっていて、対抗することのできるゲームがあるとしたら、全盛期のスマッシュブラザーズか全盛期のポケモンといったところでしょう。
パズドラがここまで流行った理由としては、恐らくハードをスマートフォンにしたのが功を奏したのだと思います。今や持っていない人のが少ないスマートフォンですから、そこでシェアを取ることが出来ればプレイヤーが増え続けるのも納得です。
私はこのパズドラというゲームをプレイしたことがありません。ですがどんなゲームなのか、基本のモンスター、ゲームシステムなどといったパズドラに関する情報を簡単に知っています。パズドラをプレイしたことが無いにも関わらず…です。
これはものすごく異常なことであるといえるでしょう。恐らく世界中のほとんどの人間がディズニーのミッキーを知っています。またポケモンのピカチュウを知っています。それと同じようにパズドラのゲームシステムを知っているのです。
冒頭で述べましたが、このままこのパズドラで満たされた世界にいつづけたらいつか私は狂ってしまいます。一刻もはやくパズドラの無い世界へと旅立ってしまいたいくらいです。
スマートフォンのゲームについて思うことといえば、パズドラがもしも無かった場合、覇権を取ったゲームはなんだったのだろうか…といったところです。