子ども向けスマホアプリは使える

スマホを小さい子どもに使わせるのは、とその実害についてもよく語られるようになっていますが、親がスマホを持っているのに、一度も触れたことのない子どものほうが少ないのではないでしょうか。
便利なものなので、上手に利用する分には問題がないのではないかと感じます。
そもそもスマホ以前に、テレビに育児をさせる親なども問題になった時があるのですから、どんなものも「使い方」次第、親の心がけ次第なのではないでしょうか。
時間や使い方のルールなどを親と子の間できっちり決めて、そのルールを守る範囲で許可を出してあげたら問題もありません。
それよりも、小学校高学年や中学生などのまだスマホが不要な年齢に買い与えることのほうがよほど実害がありそうです。
幼稚園児ならスマホ程度の機械の操作はすぐに覚えてしまいます。ですから、もし家庭にもう使っていないスマホがあるのなら、子ども用に設定を変えて自宅のwifiなどで使わせてあげてもいいかも知れません。
まず必要な操作は、アプリのダウンロードなどが自分で行なえないようにすることと、インターネットに接続して閲覧ができないようにすることです。スマホで出来る操作は、ダウンロードされているアプリを楽しむことだけです。あとはテレビやゲームと同じで、決めた時間以内しか遊んではいけません。
アプリもたくさんありますが、幼稚園児にお勧めなのが数字や時計のアプリです。また指でなぞって文字を書くようなアプリもあります。その中でも子どもに好評なのはパズルゲームです。純粋にパズルをはめこんでいくゲームもありますし、少し頭をひねらないとクリアできないゲームもあります。勉強要素はゼロなように見えますが、知育的にはよく出来たアプリです。
こういったアプリがスマホならほとんど無料で楽しむことができます。携帯ゲームやテレビゲームは有料で、それほど知育的には良いゲームはありませんが、アプリでは数多く配布されています。
一日30分程度までスマホを楽しむ時間を作ったら、あとは外でのびのびと遊んできたらいいのです。何でもNO!と最初から言って遮断してしまうのは簡単ですが、条件つきで柔軟に対応してあげることも大切ですね。