週刊少年ジャンプの人気作品を題材にしたゲーム

週刊少年ジャンプは少年漫画雑誌の中で最も有名です。友情と努力と勝利のキャッチフレーズで人気の週刊少年ジャンプの作品は、子供だけでなく大人も魅了しています。週刊少年ジャンプで連載する事は難しいですが、人気作品として活躍するのは大変です。読者アンケートの結果が悪くなっただけで作品が打ち切られてしまうため、人気作品として活躍し続けるには固定ファンを掴む必要があります。その厳しい姿勢が踏襲されているから週刊少年ジャンプは凄いのです。その中で10年以上の連載をするケースは極めて稀ですが存在します。その作品の一つにブリーチと呼ばれる物があり、スマートフォンゲームであるBLEACH -Brave Souls-の題材となった原作です。しかしBLEACH -Brave Souls-は原作の人気に頼らなくても、固定ファンの獲得に成功したと評価されています。BLEACH -Brave Souls-には原作のキャラクターも登場しますが、それ以上に注目されているのは原作者が描き下ろした登場人物です。ユーザーに課金要素を利用して貰う事がスマートフォンゲームにおいて重要なので、メーカー側から原作者へ依頼しました。原作者がその依頼に応えて描いたキャラクターは、原作に登場しないのが惜しいと感じるほどの魅力を備えたものでした。そういった原作には無い魅力を秘めているので、BLEACH -Brave Souls-はスマートフォンのゲーマーから支持されているのです。それに加えてゲーム操作に慣れていない人が遊べる事も、ユーザーの獲得数に影響しています。スマートフォンのゲームは少しずつ難易度が上昇しているという意見があります。ライトユーザーが減少してヘビーユーザーになりつつあるからです。しかしスマートフォンのゲームに慣れていない人は少なからず存在しています。BLEACH -Brave Souls-はライトユーザーの存在を考慮した難易度のゲームなので、プレイヤーだけでなく業界関係者に評価されているのです。ヘビーユーザーの方がゲームへ課金する確率が高いというデータがあります。それにも関わらずライトユーザーを意識した作品になっているのです。尊敬を集めるのは当然だと言えます。