スマートフォンゲームも隆盛を極めてきた

スマートフォンゲームも隆盛を極めてきた感じがそこはかとなく漂い始めてきましたね。以前はスマホ自体の性能が陳腐なもので、騙し騙しの底の浅いゲーム性のものばかりでしたが、最近は普通に3Dグラフィックスの表示能力も上がり、そこそこの水準には到達していますから、スマートフォンゲーム界の進化の速さにただただ、舌を巻く次第であります。

とはいっても、当然ながら、家庭用の新世代機には到底及ぶはずもありません。プレイステーション4やエックスボックスワンは、ゲームの表現力の高さを前提に開発されているからです。スマホも、さまざまなスマホアプリに対応することを念頭に、柔軟性の高い汎用的なカスタマイズ性を兼ね備えていますが、絶対性能という意味では到底届かないでしょう。ただ、スマホはもともと画面が小さいこともあり、高解像度のゲーム自体、そこまで求められていない節があることも否めません。

よって、スマートフォンゲームは家庭用据え置き機がライバルではなく、同じ土俵のライバル会社のスマホゲーと競い合う間柄となるでしょう。以前のスマホゲーしか体験していなく、そのチープさにガッカリしていたゲーマーの方は、もう一度くらいは現在のタイトルをプレーしてみては如何でしょうか?きっと完成度の高さに驚きを禁じ得ないと思いますよ。

さて、個人的におすすめのタイトルを挙げたいと思います。ここはやっぱりファイナルファンタジーシリーズのレコードキーパーを強く推薦します。レコードキーパーはシリーズのキャラクターが所狭しと大暴れする、ファンには垂涎の逸品というほどの魅力あふれるゲーム性となっています。原作では命を落としたエアリスも奮闘してくれるので、エアリスファンには溜まらない作品となっています。ただ、やっぱり人気のあるキャラがどうしても強めに設定されているのは、ソーシャルゲームの宿命ともいえるので、ニッチキャラが好きな人は、ほどほどにプレーしましょう。