浦原喜助もやっぱり強キャラクターか

BLEACH -Brave Souls-なんですが、楽しんでプレーしておられますか?あまり課金しなくても、ゲーム難易度を落とせばそれなりに楽しめるため、個人的には好きなスマートフォンゲームです。

さて、BLEACH -Brave Souls-の中でも強キャラクターといえば、黒崎一護は主人公として当然ですが、護廷十三隊隊長格もさすがの強さを誇っていますよね。更木剣八はちょっと見た目は悪役っぽいですが、その存在感と力強さは護廷十三隊の中でも屈指の存在です。朽木白哉は更木剣八とは正反対で動と静でいえば静かなこと山のごとしですが、こいつも原作と同様にBLEACH -Brave Souls-でもバランスが良いパラメーターと、広範囲の必殺技のおかげで、ずば抜けた使い勝手と強さを誇るキャラクターになっています。

あとはアランカルの中でも抜けた存在である十刃の存在も無視できないですよね。グリムジョーなんかは最初は噛ませかと思ったら、原作でも待望の復活を果たしてゲーム内でもかなりの強さを誇っています。愛染はもうボス格なので言わずもがなですよね。そんな中、味方サイドのキャラクターが今ひとつ弱い印象があり、そこが原作通りといえばそうなのかもしれませんが、残念しきりですかね。ただ、忘れてはならないのが浦原喜助の存在ですよね。黒崎一護の親父さんも強いっちゃ強いですが、味方で黒崎一護に張る存在といえば、浦原喜助しかありえないです。

BLEACH -Brave Souls-でも浦原喜助は優遇というか、原作に忠実に愛染を超える頭脳とそれを活かした導術を駆使し、味方サイドでは頼もしい感じのキャラクターに仕上がっているのではないでしょうか。まあ、ゲームでは原作と違って敵味方とか関係なくパーティを組めるのであまり意味のないことかもしれませんが、忠実に仲間は仲間同士で組ませたいってプレイヤーはけっこう多いため、この運営方針はなかなか的を射ているものであるな~と感じていました。ただ、課金しないとウルトラレアな浦原喜助は手に入らないです。そこだけは注意ですね。