私が楽しんだスマートフォンのゲームについて

私が思い出のあるスマートフォンのゲームは、スポーツやRPGの系統などのジャンルです。RPGのジャンルの醍醐味として、アバターのシステムを利用しながら、自分に似せながら分身として戦いに参加できる事です。予め設定されていて、設定していた名前を変更したり、お気に入りの人物を選ぶなどの自由さはありました。アバターのシステムを導入することによって、自分が操作するキャラクターに関して愛着の感じを覚える事が、スマートフォンのゲームの醍醐味です。
パソコンで遊ぶ場合は自宅にインターネットが無いのでオンラインとして自分の分身を参加させることが出来ないが、スマートフォンのツールなら参加の仕方なども簡易的であると思いました。持ち運びをしながら、オンラインで多くの人と知り合いながら遊んだり、自分の分身を成長させたり、課金をしながらレアなアイテムを手に入れる事に関して面白さを感じています。
野球などのスポーツに関しては、育て上げたアバターとしての自分を試合で活躍させたり、大きなチームなどに所属して様々なチームと戦って行って、友人と一緒に優勝を勝ち取る所にやりがいを感じました。
キーの配置によって操作性が異なりますが、私のスマホは十字型をしたキーなどはコントローラーのような配置をしています。操作性に慣れてくると、スムーズに登場している自分の分身が自由に動かせて、様々な行動によって様々な方向にストーリーが展開していく事も良い点です。
最近はクイズや恋愛系のシミュレーションのスマートフォンのゲームで楽しんでいて、背景や女の子の画像などが綺麗な事に感動しました。シミュレーションのソフトによっては画面上の女の子が話してくれたり、クイズに解答した時のアドバイスを頂いた事が良くて、ユーザーにとって親切的な設計をしている事を感じました。ゲームを始める時にソフトによってチュートリアルをしてくれたり、操作の仕方などを分かりやすく教えてくれて、違和感を感じないで遊べました。